浮気と不倫のちがいとは

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気扱いする人もいます。

実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で精神的にはどうであれ不貞となるのですが、穏やかな生活を送ろうと思ったら、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は慎むにこしたことはありません。

探偵の看板を掲げるには取り立てて特殊な資格等は要りません。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書の交付という認可された会社(個人も可)になることが大原則です。

不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずです。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと考える人は多いです。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心してかかったほうがいいのです。

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。もし疑いをもつようなことがあれば、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、気持ちの上でも安らかになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。