pochi のすべての投稿

父親だろう!養育費くらい払えよ!!

会社で“張り切りマンマ”と呼ばれ、よきムードメーカーとして何かと頼りにされている女性社員のA子さんが、就業後に「ちょっと相談があるのですが…」と思いつめた顔をして話しかけてきました。

私にとっては、頼りになる大切な部下でもある彼女。何か役立てることがあれば、と思いながら相談に乗りました。

A子さんには5歳年上の旦那さんと小学2年生になる女の子がいますが、旦那さんに愛人がいることが分かり、離婚を迫られているとのことでした。

旦那さんと愛人との不倫関係は2年前から始まり、最近は旦那さんはほとんど家には帰らず、家にもほとんど生活費を入れていない状況でした。

「子どもがいますし、いつかは夫も目を覚ますと思っていたのですが、とうとう離婚を迫られるようになり、家庭は壊れてしまいました。もうやり直す気力もなくなり、慰謝料をもらって離婚する覚悟ですが、このまま会社に居させてもらってもいいでしょうか」と涙ながらに話すA子さん。

今後のことはおいおい相談に乗ることを約束し、何よりも子どもの将来を優先して考えるようにアドバイスしました。

それから一週間ほどして「離婚することにしました」との報告を受けましたが、旦那さんは「慰謝料は仕方なく払うけど、養育費までは払いたくない」と言っているとのこと。
幸いに養育費の取立てに詳しい弁護士さんを知っていたので紹介してあげましたが、あまりの傲慢さに頭に来て「父親だろう!養育費くらい払えよ!!」と腹の中で叫んでしまいました。

養育費を払わない元夫

闇金を騙した夫婦

元闇金の店長から聞いた話です。

30代の主婦から「5万円貸してほしい…」と融資希望の電話があり、さすがに最初から5万円は貸せなかったので「審査に通り、旦那さんを保証人に立てることができるなら3万円融資できる」と答えたそうです。

「3万円でもいいから、絶対にきょう中に貸してほしい」と急ぐ主婦。自営業だという旦那を保証人にし、旦那の取引先の社名と電話番号、担当者の氏名、さらに夫婦の健康保険証のコピーをFAXさせ、いろいろと調べて3万円ほど貸したそうです。

利息は週に3割。他に事務手数料が1割。先引きだったので、主婦の手元には1万8千円が振り込まれました。

それから1週間後、きちんと元金の3万円を返済してきました。以後も月に2~3回の割合で融資の依頼があり、遅れることなく返済して来るので、優良な顧客になって行きました。

そんなある日、主婦から「10万円ほど用意してほしい。週に5割の利息でもいいけど、先引きせずに正味で10万円振り込んでほしい」と連絡がありました。闇金の店長は迷ったそうですが、過去の取引きからリスクは低いと判断して正味10万円を貸し付けました。

ところが、約束の1週間が過ぎても返済されません。電話しても「この電話は現在使われておりません」という音声案内が流れるばかり、保証人である旦那さんの携帯でも同じ状況。旦那の取引先へ電話しても不通状態で、まったく連絡が取れなかったそうです。

「やられた!何回も貸し借りをして、その都度きちんと返済していたので油断してしまった」と、夫婦に騙されたことをひどく悔やみました。

闇金の中には振り込め詐欺に加担する者も多く、人を騙すことは慣れていますが、「まさか自分が騙されることになるには…」と絶句した店長。
ビジネスの勘が鈍ったことに心が折れ、闇金から引退してしまいました。
闇金に強い弁護士

子どもを押し付けあう最低夫婦

夫婦それぞれに事情があって離婚を選択するカップルは少なくありませんが、よく問題になるのが親権の取り合いです。母は「子どもには母親が必要です」と言って親権を主張すれば、父親も「俺が責任を持って育てあげる!」と子どもを手放そうとしません。

実際、知り合いの夫婦が離婚の際にも双方が親権を主張し揉めましたが、裁判所の判断で経済力と子育て環境を持った父親に親権が認めら、母親は泣く泣く子どもを手放すことになりました。離婚して10年が過ぎ、母親は再婚して新しい家庭を持ちましたが、今でも「あの子が愛おしい」としみじみ語ります。

「離婚についてはすぐに合意できたけど、お互いに子どもを手放したくなくて争いましたよ」と当時を振り返ります。やっぱり、親にとっては血肉を分けた子どもは、特別で大切な存在なんですね。

ところが、これとは真逆のケースを見ました。つい最近離婚した夫婦です。離婚の原因は双方のW不倫でした。お互いに不倫相手といっしょに暮らしたいとの思いから、離婚の協議はすぐに成立。しかし、2歳になったばかりの女の子の親権がなかなか決まりませんでした。

というのも、自分の娘を相手に押し付け合ったのです。
「新しいパートナーと暮らしたいから子どもはいらない」と言うのが双方の主張でした。親権を決めないことには離婚できないため、何度も話し合いが持たれましたが押し付け合いばかりで決まりませんでした。

時間ばかりが過ぎ、周りの人からの説得もあって親権者は母親になり、父親が毎月5万円を養育費として払うことで決着がつきました。

父親は、「元妻が再婚したら、養育費の減額を申し出てやる」と言いました。また、母親は養育費の5万円を利用して「娘を預けられる施設を探したい」と言いました。

鬼畜の親とは、まさにこの父母のことではないでしょうか!子どもの将来が心配です。

消費者金融の悪徳業者

消費者金融のなかには悪徳な業者もいますから、利用にあたっては十分に気をつける必要があります。たとえば低金利をアピールして、わすか1%でお金が借りられるとか、即日で300万円ものお金を審査なしで貸し付けますと宣伝している消費者金融があったとします。それは常識的に考えてみると、他社の消費者金融ではあり得ないことです。
続きを読む 消費者金融の悪徳業者

堀北真希さん、おめでた?!

なに気にネットでニュースを見ていたら、女優の堀北真希さんが産婦人科へ極秘通院し、親しい関係者の話では、すでに妊娠している模様との証言が得られたそうです。

堀北真希さんは、結婚以前より“母親願望”を口にしていました。2011年のトークショーでは「いつかはお母さんになりたいと思っています。子供は4人ぐらいほしい。子供にいっぱい囲まれてにぎやかな家庭をつくりたいです」と告白。また翌年の週刊誌のインタビューでも「こう見えて面倒見がいいので、大家族のお母さんになりたい」と語っていました。

もしも妊娠が事実なら、さぞや待ちわびたおめでただと思います。素敵な旦那様の山本耕史さんといっしょに、新しい家族を迎えることになるんですね。週刊誌や芸能レポーターがおっかけを始めるかもしれませんが、とにかく今はおなかの赤ちゃんが最優先です。デリカシーのない記者やレポーターは無視して、大切な赤ちゃんを守ってほしいと思います。

ところで、今回の堀北真希さんのおめでたニュースを見て、友だちのA子は「私もかわいい赤ちゃんが欲しくなった。でも、その前に結婚したい。でも、彼氏なんていない。だから、いい男といつ出会ってもいいように、今から自分磨きします。手始めは女のボディを磨くために脱毛サロンへ行ってきます」だって…。

「老眼が入ってきてますね」と言われ

学生時代から乱視性近視でメガネとコンタクトレンズを使い分けてきました。
先日、いつも電車のなかで読む本が見づらくなったので眼科へ行きました。

「ふむ、そろそろ老眼が入ってきていますね。目を労わらないと、急激に進む場合があるので注意してくださいね」と言われました。

そもそも、年を重ねると水晶体が硬くなり、弾性力が失われます。そのため加齢とともに水晶体が厚くなりにくくなって、目の調節力が低下。近くが見えにくい「老眼」になるというわけです。
また、涙の分泌量も加齢とともに減少します。これは涙腺の機能低下によって起こるもので、目が乾きやすくなります。そのため、通常なら涙で洗い流される量のゴミでも角膜に付着してしまい、さまざまな障害を起こしやすくなってしまいます。

老眼が入り始めたら、パソコンや指先を見るような仕事をするときは、目の焦点が合う少し遠くを10分間に1回ほど1~2秒ほど見て、目の筋肉を動かすようにすると効果的だといわれます。他にも、ずっと見続けるのではなく、時には立ったり歩いたりして軽い運動をしたり、目の周りの筋肉をマッサージすると良いそうです。

老眼が入ってくると目はもちろん体全体が疲れやすくなってくるので、十分な休息や睡眠を取るようにしたいものです。