pochi のすべての投稿

同窓会は浮気の温床

かつて青春を過ごした男女が時を経て会う同窓会。
俺はバツイチで独身に戻った気楽さもあって、高校の同窓会に20年ぶりに出席することにした。悪友だった奴、ほのかに恋心を寄せていた女性と会い、飲んで楽しいひと時を過ごすことができた。

さて、帰ろうとするとA子が「いっしょに帰りませんか?」と声をかけてきた。彼女は、当時のクラスのマドンナ。結婚して子どもがいるということだけど、見た目は若くいっそういい女になっていた気がした。
「あの、良かったら、もう1軒行きませんか」
「いいよ」
2軒目は静かなバーで乾杯したが、そこで聞いたのは彼女が旦那さんからDVを受けているということだった。涙ながらに打ち明ける彼女が愛おしくなり、ついキスを交わした。

「子どもがいるから離婚はできないけど、時々でいいから会って心を安心させてほしいの」と言われ、ふたつ返事でOKをしてしまった。

後から考えたら、これって浮気とか不倫になるし、もしも彼女と関係を持ったら慰謝料請求されるかもしれないと思い、彼女からのメールや電話にはしばらく出ないでおこうと思った。

「妻とは別れる」これって多くの場合うそです!

既婚者の男性が独身女性と浮気したときに、ほぼ100%の確率で言うのが「妻とは別れる」というセリフです。
もちろん浮気から本気になり、どうしても彼女といっしょになりたいと思う男性もいます。しかし、その多くは浮気や不倫の甘美なエッチや癒しを続けていたいために、奥さんと離婚する気がなくても「妻とは必ず別れるから、少し待ってくれないか」と言うのです。

女性も女性で、彼は私じゃないとダメなんだ!いちばん愛してくれているのは、奥さんじゃなくて私なんだ!と思い込み、ずるずると関係を続けてしまい、挙げ句の果ては浮気がバレて奥さんから慰謝料を請求された上、男性からも別れを告げられてしまったというケースが多々見られます。男ってずるいですね~。くれぐれも、こんな男にだけは騙されないように注意しましょう。

もしも、既婚者のくせして口説いてきたら、「付き合ってあげてもいいけど、その前に離婚してきて」と言ってみましょう。きっと、それ以上は口説いてこないはずです。

草食系男子を振り向かせるポイント

草食系男性の特徴のひとつが、シャイで口下手というところです。
26歳のOL麻衣子さんの気になる男性も、異性慣れしていなくて、うまく自分を表現できないということでした。そこで麻衣子さんは、「男性にいっぱい喋らせてあげるようにしました。こちからかいろんな質問をして、なんとか答えを引き出し、そしてそれに相槌を打つようにしました。すると、少しずつ慣れてきてくれ、二人の距離がどんどん縮まっていったと思います」と語ってくれました。

会話をリードしながら、男性に気持ち良く話をさせてあげること。聞き上手な女性には草食系の男性も安心して話をすることができますし、楽しくなることで「またこの女性と話がしたい」と思うようになってきます。

麻衣子さんもこの手を駆使し、男性から告白させたそうです。「草食系の男性を落とすには、それなりの戦略が必要です。おかげで、いまはアツアツの毎日なんですよ」と微笑んでいました。

浮気調査は成功報酬制度の探偵がお得?

成功報酬制度を採用している探偵事務所に、浮気調査を依頼すれば損はしないと思いがちですが、そうでない場合がけっこうあります。
成功報酬の条件では、調査が成功しなかった時には料金の支払いをしなくてよいので、依頼人にとって得になるような感じを持ちます。そのため、浮気調査や不倫調査では成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、利用したいと思っている人もいるのです。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」です。実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査中の食費が加わることもあるかもしれません。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。
GPS端末は、車の目に触れないところに設置して、常時、移動の内容を監視し続け、現在いる場所を把握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。
車より、公共交通機関などを利用する人には、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。これで、相手がどこに立ち寄ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

彼のことを好きなんだけど、無理かも…

先日、お見合いパーティーでタイプの男性とカップリング成功したA子。
そのままカフェでお茶を楽しみ、帰りは途中まで車で送ってもらったそうです。
お互いにグルメが趣味で、二人とも焼肉が好きなことで話が盛り上がり、今度いっしょに食べに行こうという話になりました。

帰宅後、Aさんはお茶のお礼をLINEすると、彼からかは「今度は焼肉行こう」。

二人は約束どおり焼肉に行き、前回と同じように途中まで車で送ってもらったそうです。
その夜、お礼LINEをすると、次どこかに行こうなどのお誘いはいっさいなかったそうです。

しばらくして、Aさんは旅行に行ったのでお土産とバレンタインも近いのでとチョコを渡しましたが、LINEではお土産ありがとうの文字のみでした。

「私は彼と付き合いたいんだけど、彼にその気はないみたいだし…」。
A子さんは、思い切って告白して決着をつけようかなと考えています。

探偵さんは、大変!

知り合いに探偵事務所へ勤める調査員がいます。素行調査、家出人探し、浮気調査などさまざまな案件が持ち込まれます。いちばん多いのが、浮気調査・不倫調査だそうです。

男性は、奥さんの不倫に気づかない場合が多いのですが、女性は夫の浮気には敏感に反応するそうです。さすが、女の勘は鋭い!ということでしょうか。

そこで、浮気調査が依頼され、浮気や不倫の証拠をつかむ業務が発生します。調査対象者が初めての浮気の場合は、数日の尾行や張り込みで結果がはっきりと分かるそうですが、何度も浮気を繰り返している夫が調査対象の場合だと、相手も警戒してなかなか尻尾をつかませてくれないそうです。

一般的に人は日ごろの行動パターンが決まっているそうで、そこを読みきることができれば浮気調査は難しくないそうですが、浮気のベテランになるとあえて行動パターンを一定化させないと言われます。

浮気調査では、相手の先を読むことが動かぬ証拠を掴む決め手となりますが、行動パターンが読めなければ、それも難しくなります。

ウィークデーと休日の動きを時間で追いながら、克明にデータ化して行く。そんな地道な作業から、調査対象者の浮気や不倫が明らかになるそうです。

スキンケアには順序があります!

スキンケア、正しい順番で使っていますか?もしその順番が間違っているなら、効果を実感することができません。洗顔のあとは急いで化粧水で肌に水分を与えましょう。もし、美容液を使うときは化粧水の後。その後は乳液、クリームという順番で、水分を肌に染みこませてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。

最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女の方が劇的に増えています。化粧水をつける前や後に塗ったり、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。メイク落としやフェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。当然、食べる事でも抜群のスキンケア効果を発揮するんです。ですが、体に吸収されるものですので質の良さには十分に気を使って選んでくださいね。

肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法はさまざまな方法に切り替える必要があります。ずっと同じやり方で、お肌をお手入れすればいいわけではありません。乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり、生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというように変化させていくことが必要なのです。そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も外の変化にも合わせ、ケアを変えていくことも大切なポイントなのです。

浮気と不倫のちがいとは

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気扱いする人もいます。

実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で精神的にはどうであれ不貞となるのですが、穏やかな生活を送ろうと思ったら、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は慎むにこしたことはありません。

探偵の看板を掲げるには取り立てて特殊な資格等は要りません。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書の交付という認可された会社(個人も可)になることが大原則です。

不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずです。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと考える人は多いです。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心してかかったほうがいいのです。

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。もし疑いをもつようなことがあれば、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、気持ちの上でも安らかになるはずです。

生きてきた足跡を残せたら…

f2_s

ふざけたブログタイトルを付けてしまいました。「ティファニーで朝食を」という映画がありましたね。
これは、ティファニーで朝食をとれるぐらい優雅な生活を送りたい」という意味で、ニューヨークに住んでいる主人公が「いつかティファニーで朝食を」と リッチな夢を見ながら、青年と恋に落ちる物語でした。

若い頃は、誰もが夢を描き、何人かはその夢の実現に向かって努力を重ねます。ただ、成功するのはほんの限られた人だけ。ほとんどは挫折したり、最初からあきらめたり、こんなはずじゃなかった…と後悔することが多いのが現実です。

管理人も例外ではなく、夢のために大手企業を辞めました。結果としては失敗し、今は後悔の念に苛まれています。

何も安定がすべてではありませんが、自分の実力を客観的に見極めることを怠ってしまいました。

今は、大成功とは行かないまでも、きちんと生活ができるくらいのささやかな成功を目標に、少しずつ歩いています。

生まれてきたこと。生きてきたこと。何かその足跡を、いま取り組んでいる仕事で残せたら、後悔の念も消えることでしょう。

そして、それが新しい出会いにつながって行くかもしれません。

そんなことを思いながら「ティファニーで朝食を」。今度、DVDを借りてみようかな・・・。