カテゴリー別アーカイブ: 浮気

同窓会は浮気の温床

かつて青春を過ごした男女が時を経て会う同窓会。
俺はバツイチで独身に戻った気楽さもあって、高校の同窓会に20年ぶりに出席することにした。悪友だった奴、ほのかに恋心を寄せていた女性と会い、飲んで楽しいひと時を過ごすことができた。

さて、帰ろうとするとA子が「いっしょに帰りませんか?」と声をかけてきた。彼女は、当時のクラスのマドンナ。結婚して子どもがいるということだけど、見た目は若くいっそういい女になっていた気がした。
「あの、良かったら、もう1軒行きませんか」
「いいよ」
2軒目は静かなバーで乾杯したが、そこで聞いたのは彼女が旦那さんからDVを受けているということだった。涙ながらに打ち明ける彼女が愛おしくなり、ついキスを交わした。

「子どもがいるから離婚はできないけど、時々でいいから会って心を安心させてほしいの」と言われ、ふたつ返事でOKをしてしまった。

後から考えたら、これって浮気とか不倫になるし、もしも彼女と関係を持ったら慰謝料請求されるかもしれないと思い、彼女からのメールや電話にはしばらく出ないでおこうと思った。

「妻とは別れる」これって多くの場合うそです!

既婚者の男性が独身女性と浮気したときに、ほぼ100%の確率で言うのが「妻とは別れる」というセリフです。
もちろん浮気から本気になり、どうしても彼女といっしょになりたいと思う男性もいます。しかし、その多くは浮気や不倫の甘美なエッチや癒しを続けていたいために、奥さんと離婚する気がなくても「妻とは必ず別れるから、少し待ってくれないか」と言うのです。

女性も女性で、彼は私じゃないとダメなんだ!いちばん愛してくれているのは、奥さんじゃなくて私なんだ!と思い込み、ずるずると関係を続けてしまい、挙げ句の果ては浮気がバレて奥さんから慰謝料を請求された上、男性からも別れを告げられてしまったというケースが多々見られます。男ってずるいですね~。くれぐれも、こんな男にだけは騙されないように注意しましょう。

もしも、既婚者のくせして口説いてきたら、「付き合ってあげてもいいけど、その前に離婚してきて」と言ってみましょう。きっと、それ以上は口説いてこないはずです。

浮気調査は成功報酬制度の探偵がお得?

成功報酬制度を採用している探偵事務所に、浮気調査を依頼すれば損はしないと思いがちですが、そうでない場合がけっこうあります。
成功報酬の条件では、調査が成功しなかった時には料金の支払いをしなくてよいので、依頼人にとって得になるような感じを持ちます。そのため、浮気調査や不倫調査では成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、利用したいと思っている人もいるのです。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」です。実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査中の食費が加わることもあるかもしれません。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。
GPS端末は、車の目に触れないところに設置して、常時、移動の内容を監視し続け、現在いる場所を把握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。
車より、公共交通機関などを利用する人には、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。これで、相手がどこに立ち寄ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

探偵さんは、大変!

知り合いに探偵事務所へ勤める調査員がいます。素行調査、家出人探し、浮気調査などさまざまな案件が持ち込まれます。いちばん多いのが、浮気調査・不倫調査だそうです。

男性は、奥さんの不倫に気づかない場合が多いのですが、女性は夫の浮気には敏感に反応するそうです。さすが、女の勘は鋭い!ということでしょうか。

そこで、浮気調査が依頼され、浮気や不倫の証拠をつかむ業務が発生します。調査対象者が初めての浮気の場合は、数日の尾行や張り込みで結果がはっきりと分かるそうですが、何度も浮気を繰り返している夫が調査対象の場合だと、相手も警戒してなかなか尻尾をつかませてくれないそうです。

一般的に人は日ごろの行動パターンが決まっているそうで、そこを読みきることができれば浮気調査は難しくないそうですが、浮気のベテランになるとあえて行動パターンを一定化させないと言われます。

浮気調査では、相手の先を読むことが動かぬ証拠を掴む決め手となりますが、行動パターンが読めなければ、それも難しくなります。

ウィークデーと休日の動きを時間で追いながら、克明にデータ化して行く。そんな地道な作業から、調査対象者の浮気や不倫が明らかになるそうです。

浮気と不倫のちがいとは

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気扱いする人もいます。

実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で精神的にはどうであれ不貞となるのですが、穏やかな生活を送ろうと思ったら、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は慎むにこしたことはありません。

探偵の看板を掲げるには取り立てて特殊な資格等は要りません。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書の交付という認可された会社(個人も可)になることが大原則です。

不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずです。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと考える人は多いです。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心してかかったほうがいいのです。

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。もし疑いをもつようなことがあれば、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、気持ちの上でも安らかになるはずです。